医療脱毛はブツブツが残らない

ムダ毛処理

カミソリや毛抜きでの自己処理は、面倒なうえに仕上がりもあまり美しくありません。
カミソリで剃ったところは肌の表に出ている部分だけをカットしたにすぎないので、毛根が黒いブツブツになって残っていますし、またすぐにのびてしまうので毎日剃らなくてはなりません。
毛抜きなら根元から抜けるので確かにきれいにはなりますが、1本ずつ処理するのは大変です。
脱毛クリームなら仕上がりがきれいで多少は長持ちしますが、それでもいずれは生えてきてしまいます。

医療レーザー脱毛なら、こんな悩みはすべて解決できます。
レーザーの力で毛の再生組織を破壊し、今ある毛は炭化して根元から抜け落ちるので、黒いブツブツは残りません。
毛がなくなった毛穴はキュッと引き締まり、すべすべのきれいな肌になります。
仕上がりがきれいなことに加え、二度と毛が生えてこなくなるので自己処理をする必要がなくなり、肌を傷つけることがなくなるのも大きなメリットです。

医療レーザー脱毛は、美容皮膚科で専門の医師が行うので安心です。
痛みが強いといわれてきましたが、最近ではほぼ無痛に近い脱毛を実現した機種も登場しています。
大体2カ月に1回の施術を6回ほど行うことで脱毛は終了しますから、約1年後にはムダ毛のないきれいな肌になることができます。

ページTOPへ戻る