美肌のための医療レーザー脱毛とニードル脱毛の違い

美肌になるために行う医療レーザー脱毛とニードル脱毛の違いは、施術の痛みです。 医療レーザー脱毛は、皮膚のメラニンにのみ反応する特殊な光を照射することで、毛根にダメージを与えます。 痛みの感じ方も個人差はありますが、ゴムでパチンとはじかれる程度とされています。

レーザーの出力が高いため、短時間、短期間で効果が実感できます。 対して、ニードル脱毛は、毛穴に特殊な針を刺し、高周波もしくは電流を通して毛根にダメージを与える仕組みです。

そのため、痛みもレーザーに比べると強く、毛穴ひとつひとつ施術をしていくことになるため、脱毛完了までには、長い時間と期間が必要になります。 しかし、レーザーを使えない色素沈着がある部分や産毛にも効果が有り、毛穴ひとつひとつに施術を行う為、永久脱毛としてはレーザーよりも効果があるとされています。 医療レーザー脱毛は、医療機関で行うため、肌トラブルがあったときでもすぐに医師の診察を受けることができるため、アフターケアも安心です。

ページTOPへ戻る