サロンと医療機関の永久脱毛について

永久脱毛

医療機関とサロンで行う脱毛の施術は、原理としては同じものです。 黒い色素に反応する光を用い、肌に照射するとそれが毛の黒い色素に反応して熱を集中させ、毛根と毛乳頭を破壊します。 毛根を破壊された毛は2週間ほどすると自然に抜け落ち、毛の再生組織を破壊された毛穴からは新しい毛が生えてくることはなくなります。

ただし、毛乳頭を破壊するのは医療行為とされているため、医師のいるクリニックでしか行うことができません。 サロンで使用している機器はそれよりも出力が弱く、毛乳頭ある程度のダメージは与えられますが完全に破壊することはできないので、処理後も再び毛が生えてくることがあります。したがって、クリニックで行うレーザー脱毛は永久脱毛といえますが、サロンの場合はどちらかというと抑毛といったほうがいいような内容です。

そのため、本当に永久脱毛をしたいのであればクリニックの方がおすすめです。 以前は痛みが強いといわれていましたが、最近では痛みの少ない機種も出ており、痛みに関する心配は少なくなっています。 サロンに比べて高いといわれている費用に関しても、お得なパック料金を設けたりキャンペーンを行うなどして気軽に受けられるよう努力しています。

ページTOPへ戻る