レーザー脱毛の種類と原理

女性の指

医療レーザー脱毛の原理は、メラニン色素に吸収される特性があるレーザーを照射し、毛の中のメラニン色素に吸収させていく事で、毛根を発熱させ、毛乳頭や毛包を破壊していく方法です。
施術を行った毛穴からは、次に毛が生えてこない状態となり、毛が生え揃うタイミングで、複数回、施術を繰り返す事で、ムダ毛が殆ど生えてこない肌へと変えていきます。

施術を行うレーザーにはいくつかの種類があります。
現在、特に人気なのは、痛みが少なく様々な状態の毛に対応可能なダイオードレーザーです。
痛みは少し感じる事になりますが、施術のスピードが速く、コラーゲンの生成を促す効果もある事で人気のレーザーが、アレキサンドライトレーザーです。
部位や毛の状態によって、いくつかのレーザーを使い分けているクリニックも少なくありません。

そんな医療レーザー脱毛での施術がお勧めの部位の一つが、指です。
関節が近い上、皮膚が敏感な部位の為、施術の際は、痛みを感じやすい部位の一つです。
ですが、デリケートな部位だからこそ、トラブル等が起きても、適切な処置が可能なクリニックでの脱毛がお勧めです。
更に、痛みを感じる事にはなりますが、少ない回数で、ムダ毛のない状態にする事ができるというメリットもあります。

ページTOPへ戻る